一道道山來一道道梁

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akabane.areablog.jp/hausia

音楽は黙々として夜明けを待つ




私はいつかあんなにたくさんは幸せ、窓の月を見てて丸い欠かす光陰というように流れ、ゆっくりして淡いで行って、あれらのいわゆる理想はずっとひそかにの堅持して、あれらの嘲笑と噛んで吐き出すよう、とっくに習慣の楽しみは、淡い笑いようは屈服は強情ターンも歩き続けてる自分があの道にもかかわらず、自分の背中がこれまで孤独。


冬の寒い空の中の月の寂しさのため、光を遠ざけて暗い空の星は、都市の下のネオンと街燈黙って、あれらの落ち葉がそっと。若い心とっくに白髪がいっぱい生えて、そっとの笑顔が不可解なため息を守っていて、心の中に夢をそれは少年の意地と中年の堅持。毎晩音楽を聴いて黙って見ていて、白紙の手の鉛筆を描き出し、それは心の中には温かい炎。私たちの物語は平板で味がないことを運命付けて、にぎやかに光陰に誰が来たことを気にして、流浪のこの小さな山城、毎日見ている夢は遠くの山々、とっくに飛び出して空、雲。


いつからあなたがお酒は物語が、いったんお酒の物語を言いたくなくて、ただあなたと黙ってて杯を感じるに浸って、香ばしい。あなたといえばたくないと言って、僕も言いたくない、結局あれらの春が落ちてより多くのは殘念となる、今日のあなた私はどのみち生活に疲れたので、しかしそれでも諦めない、そんな夢を離れないで見捨てない。時間を私たちの顔に殘された私たちは、しわの記号、その記憶だけ殘して、そして明日も続けば道、書いてもそれは1首の詩とメロディー。


我々箸も持たぬ丸焼きを恐れず、毎日の朝と夕陽教えてストーリーもずっと、あれらの奔走した日には、あの夜のためだけに燈火はの家は、照明に散らすその冷たい月光。遠くの街が私たちに手を振り、殘念ながらもう隠してこの時間町、忙しい毎日忙しくて入の出ないその深い憧れ。あなたが話を私も酒が、カップを持ち上げては話をしないで、それぞれの物語はそれぞれの心酔する、私たちは散らばりあれらの過去の時間、とお酒を一緒に発酵醸造。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akabane.areablog.jp/blog/1000265679/p11698882c.html
shengh | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
あなたの胸に満ちた悲
<<新しい記事へ
このブログトップページへ
ブログイメージ
一道道山來一道道梁
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 6 129
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック