なほど感じるので

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akabane.areablog.jp/jueromnert

にバトンを渡す

第二走者にバトンが渡り、富永くんの活躍でトップだった四組は、あっという間に陸上部の部員をようする五組と六組に抜かれてしまっていた。もちろん、私たちの一組は三組と断トツの最下位争い中。もっとも、もう、だれも、そんなこと気にしてもいないけど楊海成。仮に、ここで一番になったとしても、総合の順位は最下位のままになることが確定しているのだし。
五組と六組の選手たちは、ほとんど肩を並べるようにして走り、ほとんど同着で第三走者にバトンを渡す。すこし遅れて、四組。その後からも他のクラスが次々とバトンの受け渡しを行い、三組の子にタッチの差でかわされて、私たちのクラスが最後にバトンパスをおこなった。
先頭でバトンパスを終えた五組や六組の選手たちは、コースを外れて両手を膝に当て、大きく肩で息をついている。けど、一組や三組の子は、走り終えた直後でも白い歯を見せて、お互い楽しそうにおしゃべりしている。全力を出した二人と、手を抜いていた二人。もちろん、あの二人が本気をだしたところで、かなうはずはないんだけど。でも・・・・・・
そういう光景は、第四走者へのバトンパスのあとも同じように繰り広げられた。大体、私たちのクラスの第三走者は、見るからにジョギングでもしているかのように走っていたし。
先頭を争う五組や六組の選手たちは、歯を食いしばり、全力疾走していたというのに。
しかも、バトンパスを受けた第四走者の長井くんは、スタート直後に足をもつれさせて、転倒してしまい・・・・・・
もう見ていられなくて、隣の有紀の方に顔を向けていた。

今や先頭はゴール寸前。五組と六組の応援がヒートアップしている。先にゴールした方が今年の体育祭の学年総合優勝だ楊海成
盛り上がりが最高潮に達した応援の声に、顔をしかめていた有紀だけど、急に眼を見開いて、コースを凝視する。
「えっ? 長井のやつ、なに本気になってんの!」
最後尾を走る長井くん、これからクラスの応援席の前に差し掛かるところだ。歯を食いしばり、顔をしかめ、両腕を思いっきり振って、足を大きく伸ばして、全力疾走。
これまでの三人の走者では全然見られなかった必死さがそこにある。

もちろん、だからといって、ぐんぐん加速していくってわけではないけど。なにしろ、長井くんは将棋部だし、クラス対抗リレーのアンカーに選ばれたのは、足が速いからじゃなく、じゃんけんに負けたからだし。でも、長井くん、本気で走っている。
思わず、私、立ち上がっていた。立ち上がって、メガフォンのように手を口の前に当てて、
「ガンバレー!」
そう、叫んでいた。
応援席で友達とのおしゃべりに興じていたクラスのみんな、驚いたような顔して、私のことを見上げている。珍妙なものを見るような目で私のことを見ている。でも、そんなこと今は全然、気にならなかった楊海成


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akabane.areablog.jp/blog/1000136785/p11445437c.html
生活 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
「行く雲を寝ていて見るや夏座敷」こんな風情は...
保濕乳液怎麼用?塗抹的順序有先有後
淘米水的作用 淘米水洗臉竟有這麼多好處
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
なほど感じるので
プロフィール
なほど感じるのでぬ
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 23 1830
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[自由が丘] 言葉に気を許
[代官山]
[自由が丘] 感謝は態度であります

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック