qms255

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akabane.areablog.jp/qms255

カシオ腕時計は人気があるんでしょうか?

30代の夫に腕時計をプレゼントするのですが、カシオ腕時計は人気があるんでしょうか?ちなみに、カシオエディフィスEQW-T610D-1AJFCASIO(カシオ)EDIFICE(エディフィス)と言う物をプレゼント予定なのですが、こちらの時計率直にどんなイメージでしょうか?予算は3万円以内で、近所の時計屋さんでこちらを勧められました。
時計としてはとても良い時計だと思いました。堅牢性も十分ですし、太陽電池搭載、電波受信など、安価ながらも最新のテクノロジーが詰まっている高機能時計ですね。ただ、高級感やデザイン性にあまり自信がありませんが、実用性は高いなと思いますけど……プレゼントとしては少々「華が無い」と思ってしまいますが、まあ、一言でいうと地味なんですよね・・・どちらかというと、日常用に向いて感じがします。
30代のみなさんは、カシオ腕時計をプレゼントとして頂けたら、嬉しく思うんでしょうか。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akabane.areablog.jp/blog/1000255491/p11697854c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

LouisVuittonがスマートウォッチに進出

世界的に有名なファッションブランド、LouisVuitton(ルイ・ヴィトン)と言えば、バッグや財布をイメージするのではないでしょうか?誰しも1度は手にしたり、見たことがあると思います。ただルイ・ヴィトンはバッグや財布だけではないんです!カッコいい時計もたくさんあるんです!例えば、タンブールダミエブラックやタンブールインブラックGMT、自動巻き式のエスカルオトマティックタイムゾーンなどが有名ですね。

ところが、ルイ・ヴィトンがAndroidのスマートウォッチを発売しました。びっくりニュースですね!

ルイ・ヴィトンがブランド初となるスマートウォッチを発売しました。新作ウォッチとして発表された「タンブールホライゾン」は、AndroidWear2.0のスマートウォッチ。公式アプリ「LousVuittonPass」と連携させて使うことができます。AndroidWearを使ったスマートウォッチではありますが、Bluetooth接続で着信やメール通知などをiPhoneとも連動可能です。ゆえに、アプリはAndroid版&iOS版の両方ありです。

スマートウォッチのあるある機能「盤面カスタマイズ」はもちろんですが、時計本体のモデルは「グラフィット」「ブラック」「モノグラム」の3つです。すべて42mm径で、各モデルに数種類のベルトデザインあり。グラフィットとモノグラムが29万9160円から、ブラックが36万3,960円から。高いです、ヴィトンです、ラグジュアリブランドです。

ハイブランドでスマートウォッチといえば、AppleWatchのエルメスモデルですが、今回のヴィトンは時計そのもののリリースですからね。最近はすっかりスマートスピーカーにばかり目がいっていましたが、まさかヴィトンがスマートウォッチとは…。いやー、びっくりいたしました。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akabane.areablog.jp/blog/1000255491/p11697853c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「ムーンウォッチ」と呼ばれるオメガのスピードマスター・プロフェッショナル

日々、新しいパネライ時計が欲しいという欲求がおさまらない私です。手堅くロレックスにしておけと周りから言われますが、最近のロレックスの高騰ぶりについて行けずにゲンナリしております。ロレックス以外に、何か良い時計はないでしょうか?ロレックスが高騰しすぎた今、何を狙えばいいでしょうか?そのブランドはオメガです!
皆さんご存知の通りロレックスに引けをとらない知名度を誇るスイスの時計メーカーです。
パネライ腕時計を選ぶときに、何を重視するかは人それぞれだと思いますが、私は以下の項目を重視したいです。
オメガは1848年、スイスで創業して、1965年にNASAに公式採用されます。1969年7月、アポロ11号の宇宙飛行士 ニール・アームストロングとバズ・オルドリン博士が人類初の月面着陸に成功した際に着用していた腕時計が、オメガの「スピードマスター・プロフェッショナル」です。その時から、「ムーンウォッチ」と呼ばれる様になります。過酷な宇宙環境に耐える事が出来る時計を採用する為にいくつものブランドの腕時計でテストを行い、唯一そのテストをパスしたのがオメガのスピードマスターでした。
しかも、普通に市販されていた商品を用いてテストされたそうです。月面着陸を果たした腕時計を店頭で普通に購入出来たんですね!宇宙の過酷な環境下でも通用する性能を備えている腕時計が店頭販売されているとはカッコイイです。実力でもあります!
知名度ではオメガにも勝るロレックスですが、NASAに採用されたのは意外にもオメガでした。歴史もあって確かな実績もあります。スピードマスターを着けていれば宇宙規模の話が出来そうなスケールのデカイ話が出来そうな気がします!
腕時計は時を刻み、人生を共に歩む同士のようなものです。その同士に愛着を持ち、生い立ちや歴史を語る事に喜びを感じて欲しいです。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akabane.areablog.jp/blog/1000255491/p11692188c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

パネライ腕時計のクオーツの寿命について

よく、「機械式の腕時計は一生使うことができる」と言いますが、クオーツの腕時計は一生使うことはできませんか?確か交換する部品がメーカーにそんなに長く置いてない、みたいなのが理由でしたっけ?日本製の腕時計ならできそうな気がしますが、外国製の腕時計はどうでしょう?例えば、ハミルトンの腕時計のクオーツなど、電池交換を繰り返したりして、完全に使えなくなるまで何年程度使うことができるんでしょうか?

機械式パネライ時計というのは、懐中時計の時代からも含めて、数百年というスパンで耐久実験がなされているわけですね。一方、クォーツ腕時計というのは、初めて世の中に出てから、まだ40年ちょっとしか経っていないのです。ですから、クォーツ腕時計は、その経年耐久試験をやっているようなものなんです。まだ、どれだけもつのかは、分からないということです。今のところわかっていることは、製造後30年くらいの、初期クォーツ時計が、現在ばんばん不動になってきているということです。

アンティーク中古市場には、「たまたま好調に動いている個体」が出回りますから、昔のクォーツ時計が元気に今も動いているかのような錯覚におちいりますけれど、ばんばん止まっています。そして、セイコーでも修理がきかないという場合がかなり多数にのぼるようです。部品がありませんものね。たまたま「セイコーで修理してもらえた!」というケースもあるようですが、それは本当にたまたま、昔の部品が残存していたという場合だと思います。
パネライ時計用の電子部品というのは、基本的に再生産されないと聞いております。つまり、「昔の規格のまま通じるように最近作った代替部品」みたいなものはないんだそうです。ですから交換部品は、昔の時計の製造当時にストックしておいた部品だけらしいです。
こうした事情は国内メーカーでも海外メーカーでも、基本、同一だろうと考えられます。現代において製造されたクォーツ腕時計が、どのくらい耐久するのかは、実際に使ってみないとわかりません。
なお、一生使うとしたら、機械式だって莫大な労力と費用がかかりますから、同じといえば、同じですね。ただ、機械式には実際に一生以上の時間を持たせてきた実績とノウハウが蓄積されていますから、そういう意味で安心ですね。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akabane.areablog.jp/blog/1000255491/p11692144c.html
パネライ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

アップルウォッチ

今年は、昨期に6000億円もの売上を記録したApple社のアップルウォッチが話題です。

1つのメーカーが作った腕時計としてみると世界一の売上と言えます。

時計を着ける人が増えたと喜ぶべきなのでしょうか?今年で10年になる「スマートフォン」のiPhoneです。更に10年前に普及しはじめた「携帯電話」フューチャーフォンでした。それ以前は「ポケベル」でした。
10年単位で大きくトレンドが変わってしまうので「ウェアラブル端末」のスマートウォッチも爆発的に広がり、また収束してしまうかと思われます。

機械式時計メーカーは静かに、我関せずと傍観しているのでしょうか・・・

1番売れているアップルウォッチで3万円程度ですが、一体何個売ったんだ・・・

たしかに「便利」なのかも知れませんね。以前にペブルというスマートウォッチを短期間使用しましたがLINEなどが読めたりするのは便利でした。問題は「充電」と何十年も使えないということですね。同価格でG-SHOCKなら10年以上使えます。毎年毎年買い替えると・・・一生でどれだけ高額になるのでしょう。

アップルウォッチとロレックスを同時に所有している人は結構いると思います。ロレックスを持っていてアップルウォッチも持っている人はたくさんいないでしょう。逆にアップルウォッチを持っていてロレックスは持っていない!って人はたくさんいそうです。

使い道が異なるので別物なんですが、「スマホ」持ってたら腕時計が要らない!と言う若者の腕時計離れの世代にはアップルウォッチが「腕時計」好きへのきっかけになってもらいたいものです。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akabane.areablog.jp/blog/1000255491/p11687772c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ロレックス投資

ロレックス投資という言葉を聞いた事がありますか?これは、生産終了が発表されたモデルや、生産数が少ないレアモデルを購入して、数年から数十年後に価値が上がった時に売却して儲ける方法です。
しかし、価値が上がるまでに長期間を要したり、価値が上がらない可能性もあり、逆に損をしてしまう恐れもありますが、低リスクで簡単に儲ける方法をご紹介します。
方法はいたって簡単ですですが、入手困難な人気モデルを購入して売却するだけです!
ロレックスには正規店で定価で入手することが困難なモデルが存在します。その為、入手困難モデルは並行輸入品店などで、定価を上回るプレミアム価格で取引されます。その為、買取金額も並行品店での売値を考えて提示されるので、必然的に定価以上で買取りされることが多いです。この仕組みを利用して儲ける方法です。
ただ仕組みは簡単ですが、ただでさえ入手が難しく数も少なく、この仕組みを知っているライバルも多いので、商品が売っている場面に会う強運と・ある程度のコネクション・行動力が必要になります。
あとはどんな商品が高く売れるのか把握する必要もあります。
狙う時計は、例えば、2016年に発売されたロレックスの新作モデルのロレックスデイトナ116500LNです。まだまだ市場に出回っている数が少なく、とても人気があるので儲かる金額が高いです。
または、ロレックスデイトナ116520、こちらは、最初に紹介したデイトナ116500LNの1世代前のモデルで、生産終了になったモデルです。生産終了する前からロレックスの中でも1番人気の商品で、正規品店で一般の人が購入するのはほぼ不可能なモデルでした。
ほかにも、ロレックスディープシーDブルー116660D、こちらは驚異の防水性能3900mの超本格的ダイバーズウォッチです。この時計も2014年に誕生して以来、ずっと人気で正規店では入手できないモデルです。
グリーンカラーが特徴的な、ロレックスサブマリーナデイト116610LVも投資目的としてお勧めです。
いかがでしょうか?運よく入手出来たら最高ですね。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akabane.areablog.jp/blog/1000255491/p11687771c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

その中でHUBLOT(ウブロ)と言う高級時計ブランドがあります

スイスのウブロ腕時計は有名ですが、その中でHUBLOT(ウブロ)と言う高級時計ブランドがあります。100年くらいの歴史を誇る有名ブランド時計がたくさんあるスイスで、ウブロ腕時計は1979年に創業して以来40年近い歴史しか持ってませんが、その知名度は超〜が付くほど有名ブランドです。世界で活躍するスポーツ選手やビジネスリーダーなど多くのセレブリティたちに愛用されています。
ウブロと言うブランド名はフランス語から命名された言葉ですが、フランス語で「舷窓」を意味しています。という事で、ウブロ時計のデザインを見ると、船の丸窓を連想させるデザイン特徴です。
ウブロは設計や素材に非常に強いこだわりを持っていますが、現在のウブロ公式HPには、ウブロの時計で使用されている13種類の素材の紹介を見る事ができます。中でも「マジックゴールド」はウブロが新しく特許を取得した新素材で、なんと純金とセラミックを融合させました!一般的な18金ゴールドに比べ、傷の付きにくい超硬質ゴールドです。ウブロの特徴――「フュージョン」を進化させるために、様々な素材を取り入れて現在革新的なスタイルで注目を集めています。
ウブロ腕時計はハイエンドモデルからビッグバンなどの人気モデルまで、メンズモデルはもちろん、レディースモデルもたくさん揃えています。ウブロに関心があるんでしたら是非今度覗いて見てください。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akabane.areablog.jp/blog/1000255491/p11683575c.html
ウブロ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

アナログ式電波置時計と機械式時計の違いをご存じですか。

今日は、アナログ式電波置時計と機械式時計の違いについて調べてみました。
アナログ式は長針と短針を組み合わせた針式時計のことです。通常、長針1回転が60分、短針1回転が12時間を表します。通常、円周の等分の位置にアラビア数字やローマ数字を配置した文字盤を用いりますが、12方向あるいは4方向に数字を置きます。背景に数字を入れないデザインのものもありますが、時計の針は同一の周回を回転しているため上下方向が定まっていないと時刻を認識できないことになります。そのため、実用的な時計においては少なくとも上下方向は決まっていますね。たまに、背景が無地の壁掛け時計などもみかけます。

機械式ロレックス時計の場合は、時計を動かす動力はぜんまいばねや錘(おもり)であります。ぜんまいばねはゆっくりとほどけながら動力主軸を回し、おもりはゆっくりと下がりながら動力主軸に撒きついた鎖を引いて主軸を回します。ぜんまいばねがほどけきったら巻き直し、おもりが下がりきったら巻き上げる。ぜんまいばねがほどけきるまで数日から数十日のものが一般的でしたが、万年時計のように長期間動き続けるものも作られています。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akabane.areablog.jp/blog/1000255491/p11679550c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

トランジスタ時計

ウブロ時計の種類の中には、トランジスタ時計というものもありますが、どんな時計でしょうか。
ウブロ時計は電気式です。永久磁石がついたテンプ(または振り子)を駆動コイルの磁力で駆動し、駆動コイルに流す電流の制御に発電コイルとトランジスタを利用しています。
ウブロ時計の構造は、まず、電池を入れると、駆動コイルに電流が流れて磁力線ができ、永久磁石が反発され、テンプがひげゼンマイを巻く方向に回ります。(最初は電流が流れず、レバー等でテンプに動きを与える必要がある時計もあります)
そのテンプの回転で永久磁石が動くので、電磁誘導の働きにより発電コイルに電気が起き、トランジスタは駆動コイルに電流を流し続けます。
それから、永久磁石が発電コイルから出ると、発電コイルに電気が起きなくなり、駆動コイルの電流が止まります。テンプはひげゼンマイの力で元に戻ります。
この時、発電コイルには逆向きの電気が起きるので、トランジスタは駆動コイルに電気を通しません。
以上がトランジスタ時計の構造、つまり動く原理ですね。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akabane.areablog.jp/blog/1000255491/p11679549c.html
ウブロ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

エベレストの上空を飛んだロレックス

ロレックス腕時計は究極の実用性を追求し、それを証明するための数々の挑戦を行っていた。そしてロレックスを中心とした世界的な偉業を達成した物語の中で、冒険家によるエベレスト登頂の話はとても有名である。極限状態でも比類なき精度の高さと耐久性を発揮したロレックスは冒険家にとって心から頼りになったに違いない。
1933年、エベレストを超えて飛行する初めての探検にロレックス・オイスターが携行された。搭乗したクルーたちは時計の性能に大いに満足した。
彼の多くの登山経験から、登山に必要な時計の条件はなによりも“機密性”だった。登山の場合、外気とシュラフなどでの睡眠時とかで、大きな寒暖差が発生する。機密性が低い、つまり防水性能を備えていない時計の場合は、これが結露などの原因となるわけだ。
アナログ時計の結露は致命傷ともいえる問題である上に、外気温が“氷点下”の場合、結露した水滴が凍結し、ムーブメントを破壊してしまう可能性がある。しかし、オイスターケースの防水性は完全に結露の発生を防ぐことができていた。
1933年、エドモンドヒラリー卿は、ロレックスのオイスターパーペチュアルを着用して、エベレスト登頂を行った。エベレスト登頂という過酷なチャレンジのために選ばれたロレックスのオイスターパーペチュアルは、その潜在能力を発揮し、再びその最高微力を世界に示した。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akabane.areablog.jp/blog/1000255491/p11674696c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3  
このブログトップページへ
ブログイメージ
qms255

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 1 484
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック