温泉の効用について

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akabane.areablog.jp/dprbloe0043y

他人事ではない盗聴

盗聴は、一昔前であれば特殊な技能や特殊な機材をもったスパイが行うものと思われ、だいたい、映画やテレビの中の世界だと思われておりましたが、インターネットの普及によって誰でも簡単に、どこに住んでいても、しかも顔を合わせること無く盗聴器を購入する事が出来るようになり、その数は40万個以上と言われています。

近年頻繁にワイドショー等で盗聴発見の特集が組まれており、盗聴の実態が紹介されているように、ごく普通の市民が被害に遭っているケースが多発しております。

盗聴や盗撮は一般的に違法性が高いと思われておりますが、日本国内の法律では、機器の販売や購入・設置する事・電波の傍受、だけでは取り締まる事ができないのです。

取り締まりの対象となるケースとしては、

■盗聴器を設置するため家に侵入していた場合「住居侵入罪」

■盗聴した内容を第3者に漏洩した場合「電波法違反」

■知り得た情報をもとに脅し、強請りを行った場合「恐喝罪」

■知り得た情報をもとに、つきまとい等の行為をした場合「ストーカー規制法違反」

となります。

このように、盗聴や盗撮行為を犯罪として立証する事は非常に困難なため、盗聴や盗撮行為によって問題が起きてからでないと取り締まれないのが現状なのです。

盗聴や盗撮に使われる機材は、数年前までは、どんなに安くても数万円はしましたが、今では、数千円、時には数百円で誰でも簡単に入手できてしまいます。

しかもやっかいなことに、仕掛けた盗聴器・盗撮器を回収するのはリスクの高い行為であるため、その多くがそのまま放置されていると言われております。

これが、電池式であれば電池が切れればそれで終わりですが、コンセント等から電源供給されている物は、壊れない限り電波を発信し続けます。

これによって犯人が対象としていた人物が引っ越してしまっても、その後に入居した人を新たな対象にしてしまったり、一部の盗聴マニアや犯罪常習者などによる便乗盗聴の対象となってしまうのです。

何かおかしいと感じたら、盗聴器発見器を購入して自ら対処するか、専門の業者に相談されることをお勧めします。


食材宅配サービスは留守でもいい?



盗聴
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akabane.areablog.jp/blog/1000075733/p11610690c.html
防犯 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

いつもブログを見るのを楽しみにしています☆これからも楽しく読ませて頂きますね!

[ 青山エリア 南青山の美容院サロンデータ・アクセス情報 ] 2017/06/04 20:33:26 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
温泉の効用について解説
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 2 3717
コメント 0 2
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック